share

NYで人気のスーパーフード!タイガーナッツのカロリーや効果


ニューヨーカーの間では以前から大人気で、日本でも道端アンジェリカさんがテレビで紹介したことで一気に認知度が上昇しました。

モデルさんでも食べている人は多いですし、最近は雑誌やTVでも多く取りざたされているので、見たことがある人は多いと思います。

スーパーフードの特徴は美容や健康に良い効果を得られる食材で、豊富な栄養素を含みながらも低カロリーということで、女性たちから注目されています。

私も自身で食べて感じたこともありますし今、大人気のスーパーフード「タイガーナッツ」はどういった効果を期待できるのか、栄養素から食べかたまで紹介していきます。

栄養素は食物繊維が豊富

ダイエットやボディメイクしている人の中で、満腹感を得られる食事というのは重要なことだと思いますが、タイガーナッツは全体の約3割の食物繊維量を含んでいます。

100g中の含有量で比べると、アーモンドの3倍・ごぼうと比べると14倍・キャベツとは17倍もの食物繊維を含んでいるので非常に多いことがわかります。

ダイエット中は食事制限をしていることが多いので、食物繊維の多い食材は満腹感を得る為に必須です。

お腹の中で水と一緒に膨らんでくれるので、小腹がすいた時などは非常にありがたい食材になります。

美肌と脂肪燃焼が期待できる

アンチエイジング効果には必ず必要なビタミンEが豊富ですから、抗酸化作用で血液がサラサラになることが期待できます。

血液がサラサラになると、内蔵などがよく働いてくれることでエネルギーの消費量が上がるので自然と基礎代謝があがり痩せやすいカラダになります。

不足しがちな鉄分タンパク質も含んでいるので、それも燃焼効果が上がりやすい点ですし、満腹感・鉄分・ビタミンEが豊富ということで考えると生理前後にはありがたい食材ですね。

糖質・脂質が多いってホント?

タイガーナッツは糖質が多く、太りやすいといわれたりますが含まれている糖質はレジスタントスターチ(難消化性でんぷん)と言われるもので、普通の糖質とは少し違います。

ごはんやパンに含まれている普通のデンプンと比べると小腸で消化されることがなく、大腸まで運ばれていきますので、体に吸収されにくい特性を持っていて、エネルギーとして使われながらもカロリーは半分ほどの吸収に抑えれるという優れた糖質です。

脂質に関しては脂肪分の約70%がオレイン酸となっていて、このオレイン酸は近年非常に注目されている脂質であり、オリーブ油・キャノーラ油・ナッツ類に含まれる良質な油となっています。

不飽和脂肪酸の中では最も酸化しにくく、活性酸素と結びついて過酸化脂質をつくりにくいため、動脈硬化・高血圧・心疾患などの生活習慣病の予防や改善に役立ちます。

オレイン酸は食物繊維と連動して、潤滑油として腸内~排泄まで便をスムーズにしてくれる働きがあるので、便秘予防にはとても役立ちます。

カロリーと摂取量の目安

タイガーナッツの摂取量

気になるカロリーは100gで500カロリーほどと数字だけ見るとそこそこ高い数値になっていますが、100gは食べ過ぎで明らかな脂質の摂りすぎになってしまいます。

食物繊維とビタミンEの摂取量から考えると、1日に食べて良い目安は8粒~10粒程度になり、全然食べれないと思うかもしれませんが、そこはスーパーフードだから大丈夫です。

実が堅いので噛まないといけませんし、食物繊維が豊富なので水を飲みながら10粒も食べたら十分にお腹が膨らんでくれますから、こういった面もダイエットに向いている食材と言われる理由となっています。

タイガーナッツはオススメの食材?

タイガーナッツの栄養面やカロリー、食べかたなのは分かったと思いますが、一体どういった人が食べるべきなのか載せておきますので、下記に当てはまる人は是非1度試してみてはどうでしょうか。

  • グルテンの摂取を控えたい方
  • 血糖値を保ちたい
  • 砂糖を食べたくない
  • 便秘・むくみがある
  • 食生活が偏っている
  • 肌荒れ・肌老化の防止
  • 動物性食品を控えたい方

スーパーフードといわれるくらいですし、ダイエット向きでもあるので、お腹を満たしたい人やグルテンフリーダイエットを実践している人にも向いている食材です。

良質なら脂質を含んでいますから、女性で肌が気になる人なども効果が期待できます。

ニューヨーカーのレシピや食べかた

バナナ・スムージー

タイガーナッツを食べるときはそのまま食べるか、スムージー、砕いたものをトッピングとして乗せたものが多いですが、そのまま食べると食べ過ぎてしまいお腹を壊す人が多いです。

スペインではタイガーナッツを使ったベジタブルミルクでが伝統的な飲み物で、「オルチャータ」という名で親しまれていて、ニューヨーカーたちも同じように飲んでいます。

スムージーにする場合はバナナやオレンジなどと混ぜて飲んでいる人が多く、砕いたものはグラノーラに加えたり、ヨーグルトに和えたりすることが多く、朝食として食べている人が多いです。

まとめ

スーパーフードはどんどん注目されてきているので、これからもっといろんな食材が出てくると思います。

私もなるべく自分で食べてみて効果をカラダで感じてみるようにしていますし、これからどんな食材が出てくるのか楽しみな面もあります。

新たなスーパーフードを見つけたら、このコラムでも紹介したいと思っているので是非注目しておいてください。