share

-10kg以上!ブレイク・ライブリーが出産後に痩せた方法


20代や30代の女性に特に多く聞かれるのが、妊娠中や出産後のスタイルの問題で、不妊娠中の体重増加・産後うつ・産後はどれくらいの期間で元のスタイルに戻るか?など色々と不安はあるようです。

そんな悩みに応えるように近年では産後ダイエットが非常に注目を浴びていて、日本でも芸能人やモデルなどの産後ダイエットやスタイル維持を宣伝するママタレも増えています。

産後ダイエットに関する質問や相談も多いので、どうしたら産後に元のスタイルに戻すことができるのか、お手本になるような海外の人気女優のダイエット方法を交えて、どういったダイエット方法が有効なのか紹介したいと思います。

ゴシップガールのセリーナ役で大ブレイクした女優

ブレイク・ライヴリー

大ヒットしたホームドラマ「ゴシップガール」をご存知のかたは多いと思いますが、その中でも特に輝きを放っていたのがセリーナ役のブレイク・ライブリーです。

身長178cm・体重59kgと誰もが羨やむほどのスタイルで、共演の男優や人気俳優であるディカプリオとの交際経験もある恋多き女性としても有名です。

彼女はライアン・レイノルズと交際して2012年に結婚、2014年12月には第一子を出産しましたが、妊娠中はゴシップ誌に「太りすぎ」や「肥満」などと書かれたりしていました。

ファッションアイコンである彼女はマタニティフラツションも注目を浴びたわけですが、産後ダイエットでも非常に注目されて見事に元のスタイルでメディアに出てきたのも記憶に新しいはずです。

妊娠中は30ポンド(約13kg)も増えてしまったと噂のブレイブはどういったダイエットで元のスタイルに戻したのか、気になるダイエット内容を紹介します。

ブレイク・ライブリーが実践したダイエット方法

マタニティファッション

ブレイクのパーソナル・トレーナーのボビー・ストロムいわく、彼女は体型のわりによく食べるそうで、実際にブレイクも料理やお菓子作りが大好きだそうです。

ドラマなどの撮影時には共演者やスタッフに焼き菓子を差し入れたりするほどですから、本当に好きなんでしょうし、本人も朝と夜のチョコレートはやめられないと雑誌でも語っているほどです。

更に彼女は元々インドアであまり運動をするのが好きじゃないというから、ダイエットには向かないライフスタイルだったんですね。

そんな彼女が実践したダイエット方法ですから、産後のスタイルで悩む人にも非常に有効だと思います。

食事は1日5食で腹6分で徹底する

オートミール

ブレイブは1日5食にすることで、お腹が減って血糖値が下がるのを避ける方法にしました。これはカラダが脂肪を溜め込まないようにするとても有効なダイエット方法です。

食事内容もタンパク質野菜をメインに、朝はオートミール(全粒穀物)で昼と夜はマグロや鶏ムネ肉、七面鳥や鹿肉などの高タンパク低カロリーの食事をしていました。

更にグルテンや大豆、加工食品はNG、バターや砂糖は摂取OKでフルーツも多く摂り、基本的にはジュースにして飲んでいたそうです。

こういったダイエット方法は欧米では注目されているパレオ(旧石器時代の食生活を真似たダイエット方法)に近いですね。

エクササイズには十分な時間を使う

パーソナル・トレーナーのボビー・ストロムと週4回、90分以上のサーキットトレーニングをしていたと言われていて、これはかなり過酷なものだと思います。

サーキットトレーニングは筋トレと有酸素運動の効果を得るためのトレーニングで、基本的には7種目以上の筋トレを組み合わせて行うものです。

心拍数の上がりかたも早く、インターバルも非常に短いので短時間で多くの消費カロリーが望めます。

カーディオ・エクササイズも積極的に行う

バイクエクササイズ

サーキットトレーニングほど過酷ではなく、有酸素に特化したエクササイズがカーディオ・エクササイズですが、体幹を鍛えたり脂肪を燃焼させて代謝をあげる為の運動で、痩せやすいカラダ作りの基本だといえます。

時間がある際には娘とのウォーキングも長距離で行うようで、カーディオとウォーキングを併用して行うことで多くのカロリーを消費しているのでしょう。

まとめ

人気女優であるブレイク・ライブリーの産後ダイエットに関して紹介しましたが、彼女は既に第2子も産まれるところで、これからまた産後に注目が集まると思います。

今回も出産直前までマタニティヨガを続けるようで、ファンではなくとも女性なら注目していたいところです。

まだ出産の予定がない人も、これから出産を迎える人も産後にポジティブで美しい女性でいられるように知識だけでも取り入れて準備しておきましょう。