share

太りやすい深夜の食事に役立つ!太らないおすすめの夜食5選


仕事の帰宅後や寝る前に食べたくなったりする時はありますが、そういう時に限ってお腹がすいて眠れなかったり、我慢できずに食べてしまったりしてしまうのは誰にでもあるものですよね。

誰でも知っているとおり「夜食は太りやすい」ので、健康にもダイエットにも良くありませんから、意識の高い人のほとんどは我慢してしまいがちです。

しかし、人間ならばどうしても我慢できないときはあり、あまりにも我慢しているとストレスを溜めてしまうので、できるだけローカロリーで夜中に食べても太りにくい夜食を厳選して紹介しておきますから参考にしてください。

夜食が太る理由とは

脂っこいディナー

夜食は太りやすいと言われる理由は、夜遅い時間に摂取したカロリーがエネルギーとして使われずに脂肪になって蓄積されやすいことが原因です。

夜ご飯は就寝何時間前までに!と言われている理由も、起きているうちに消化が出来ないので脂肪に変わりやすいと言われるのと似たようなことです。

寝ているときは消化活動が緩やかになりますし、脂肪となりやすいだけでなく身体にも負担がかかりますからオススメできません。

最近判明した「ビーマルワン」の存在

ホルモンの分泌量

BMAL1(ビーマルワン)は体内時計の一種なのですが、脂肪の合成を促したり血中のブドウ糖を増やす働きをするもので、22時~2時の間に最も活発になり、昼は比較的休んでいる状態になります。

脂肪を合成しようとしたり、ブドウ糖を増やすというのは完全に脂肪を蓄える為の機能ですから、ビーマルワンが活発な時間に食べるのは太りやすい大きな原因です。

尚、ビーマルワンの活動はお昼の14時から15時あたりが1番減るので、15時のおやつは1番太りにくい時間帯だともいえるわけです。

夜食にしても太らない食品

どうしても我慢ができないときは、極力太りにくいものを食べるようにする必要がありますが、ダイエットには効果がある「食物繊維が多くお腹を満たしやすいもの」を食べてしまうと、消化が遅く、胃腸への負担がかかってしまいますから避けましょう。

この例は勘違いしていることが多いので覚えておくと良いでしょうし、寝る前には「消化が良くローカロリー」のものを選ぶのがベストですし、温かくて水分が多めの食品だとお腹にも優しく満腹感も得られます。

それらの理由を踏まえた上でおすすめの夜食を5つ紹介しておきますから、どうしても夜食が食べたいときは参考にしてください。

「ヨーグルト」は温めてホットヨーグルトにする

ヨーグルト

健康に良く、ダイエットの味方である「ヨーグルト」は夜中に食べても太りにくく、無糖であればカロリーも抑えられるので有効です。

しかし、冷たいままでは身体を冷やしてしまうので、ホットにして食べることをすすめます。小腹がすいた時にはホットヨーグルトは役に立ちますし、甘みが欲しい人は少量のシナモンをかけるくらいなら良いでしょう。

「スープ・味噌汁」は自分でカロリーを調節

コーンスープ

コンソメスープや春雨スープなどを筆頭に「スープ」は全般的に夜食としておすすめで、1番満足を満腹感を得やすくローカロリーな夜食です。

お腹の空き具合と相談しながら、具は自分で調整しながらトマトや大根などを具材として入れるのもおすすめです。

味噌汁を好きな人はわかめや豆腐を具に入れても良いですが、塩分を多く摂取してしまうとむくみの原因になりますので注意して下さい。

炭水化物が欲しいときは「おかゆ・お茶漬け」

梅干し茶漬け

どうしてもお米が食べたい、炭水化物や糖分が欲しいと思うときって夜中でもあるので、そういった時は水分を多く含む「おかゆ」や「お茶漬け」にしておくと消化もよく満腹感もあり、夜食としても使えます。

カロリーと消化を考えるとおかゆのほうが良いのですが、お茶漬けで食べる場合にはきちんと量を調節して食べるようにしましょう。

「リンゴ」は美容効果もアリ

りんご

果物は果糖が入っているので遅い時間はなるべく避けたいですが、ミネラルやビタミンを含みポリフェノールも豊富な「リンゴ」は健康食としてはばっちりです。

水分も多くすぐに満腹感を得られやすい反面、消化も早いのでお腹が減ったと感じるのも早いですが、寝る前であればリンゴのように低カロリーで甘みがある果物が丁度良いです。

コンビニ夜食は「おでん」がおすすめ

コンビニのおでん

夜食といえばコンビニを想像してしまいますが、カップラーメンやお菓子は非常に太りやすく身体にとっても良くないのはご存知だと思います。

そんな時に少しでもローカロリーで満腹感を得たいなら「おでん」がおすすめで、大根やこんにゃくならほとんどカロリーはないですし、汁を飲むとよりお腹も満たされます。

カロリーが高いと思われがちですが、はんぺんは元々が魚のすり身なので決して高くはないですし、コンビニで夜食を買うときはお菓子やスイーツコーナーには目をくれずにおでんコーナーへ向かいましょう。

まとめ

ダイエットや身体の機能のことを考えると、深夜の食事はなるべく避けるべきですが、どうしても食べたいときは紹介したものを参考に食べてみてください。

少しでも罪悪感なく美味しいものを食べることはストレスを溜めないようにするうえでも大事なことなので、ダイエット中はあまり無理せずに食事制限と向き合っていきましょう。