share

女の憧れ「美脚」になりたい人が今すぐやるべき生活習慣7つ

KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA

脚の太さや形がコンプレックスでどうにかしたいと思っている女性は世の中に非常に多いですが、食事制限や運動ではすぐに効果を感じにくい場所でもあります。

美脚を目指してはいるけど、すぐに効果を感じることができずにモチベーションが落ちてしまい、いつの間にか辞めてしまっている人も多いでしょう。

なるべく早く効果が現れるようにするには、日常的に意識して変えていくしかありませんが、どうすれば早く美脚に近づけるのか、日常生活から意識する点を紹介します。

美脚にする為の生活習慣

まず、普段何気なくしている動きや行動はとても省エネであることが多いことを理解しておくことが大切で、どんな体勢であったり運動であっても人間は出来るだけ楽に済まそうとしてしまいます。

姿勢や徒歩でも楽をしようとした結果、骨盤が歪んだり筋肉を最小限しか使わずにカロリー消費量が減るのですが、使わない筋肉が多いと、体温が下がり基礎代謝も下がります。

特に女性のお尻太ももの裏の筋肉は、そうした省エネの積み重ねによって垂れ下がったり、セルライトになっていることが非常に多いです。

美脚になりたい人は、普段から基礎代謝を意識した動きをすることで、自然とカロリー消費を増やし脂肪を燃焼させておくことが大事です。

駅のホームや信号での立ちかた

吉祥寺

立ち姿が美しいと、その人自身まで美しく見えてくるものですが、ほとんどの人はホームの電車待ちや信号待ちなどで非対称に立っていて、それが当たり前になり骨盤が歪んでしまっています。

脚の長さが非対称だと認識がある人は既にかなり歪んでしまっている可能性が高いので、背筋をまっすぐしてお腹は引っ込めた上でお尻が出過ぎないようにして、両足に均等に体重をかけるように立ちましょう。

これは基本中の基本で、美しく見える上に基礎代謝も上がるので、美脚になりたいと思っている人は絶対にマスターしておきましょう。

普段から歩きかたを意識する

ヒールで歩く女性

脚が太いと理解していたり、自分の脚に対してのコンプレックスがある人は、それを気にしすぎて猫背膝を曲げて歩きがちになってしまうことが多いです。

そういった姿勢は骨盤や脚に歪みができやすく悪循環になってしまい、どんどん脚の形が悪くなったり太くなってしまいます。

普段から意識して胸を張り、膝の裏を伸ばして前に進みながら、足をつくときは踵からつけて、踏みしめるように歩くと、太ももとふくらはぎの筋肉を使うので美脚効果もあり、セルライト予防にもなります。

骨盤を立てて座る

脚を組んで座る女性

普段から背もたれを使わずに背筋を伸ばした状態で骨盤を立てて座っていると、座骨のバランスがとれてお尻に負担をかけることなく基礎代謝が上げられます。

特に事務作業やPCに向かう時間が多い人などは、これを意識しているだけでも1日の消費カロリーが違ってきますから、おすすめの方法です。

どちらか一方で足を組むことが多い人も、お尻の筋肉のバランスが悪かったり骨盤が歪んでいることが多いので気をつけておきましょう。

足首から下を意識して過ごす

ヒールとバレエ

美脚と言われている人は、例外なく足首が細いことが多くキュッと締まっているのが特徴ですが、そうでない人の多くは冷え性むくみで悩んでいる場合が多いです。

冷え性やむくみがある人は血流が悪く、老廃物も溜まりやすい為、基礎代謝がグッと落ちてしまっているので、これを改善する必要があります。

足首を回したり曲げ伸ばしをしつつ、足の指を動かすことで血流が良くなり体温も上昇しますから、それだけでも冷え性やむくみ防止に役立ちます。

冷え性は肥満の始まりでもあるので、体が冷えやすい人は普段から意識しておく必要があります。

足を閉じる・太ももを浮かせる

ふとももの裏

座りかたの説明は上記でしましたが、より美脚効果を得たい人は浅く腰をかけて膝を90度でそろえましょう。その明日に雑誌やノートを挟んだりするか、実際にそうしているようなイメージで座ります。

膝同士を押し付けあうことで、太ももの内側と裏に負荷がかかり段々と効いてくるので、それだけでも充分な美脚効果が得られるわけです。

更にもう少し出来そうだという人に関しては、その状態で足を床から上げて10秒程キープしてみると、お尻とお腹にまで負荷がかかりより一層の効果が期待できます。

最初はそこまでするのは難しいと思いますし、上体が倒れないように骨盤をしっかり立ててやれるようになりましょう。

冷え対策をしっかりしておく

足湯

冷え対策に関しては美脚だけでなく、ダイエット全般にも言えることですが、カラダが冷えると代謝が落ちてしまいますし、むくみの原因にもなります。

カラダを冷やさないようにする為の食べものと洋服選びは実はとても重要で、冷たいものが好きな人や普段から薄着が多い人は気をつける必要があります。

電車や会社で冷たいクーラーにあたることが多い人は、靴下や膝掛などで対処するようにしましょう。

食べものに関しては、カリウムを多く含んでいる食材はカラダを冷やすと言われているので、多く摂りすぎている人は控えるようにしましょう。

靴選びには気をつける

女性の靴箱

靴はその日のコーディネートに合うかどうか、そういった理由だけで選んでいるしれませんが、購入するときからなるべく脚に負担をかけずに歩きやすいものを選んでおく必要があります。

特にハイヒールを好んで履いたりする人は、むくみやすく足の指先も冷えるので老廃物が溜まりやすくなっており、ひどい場合は外反母趾になったりしてより脚にダメージを負っています。

慣れていない人に関しても、痛みをかばったり変な歩きかたをしていると筋肉を傷つけることになるので、ハイヒールを毎日履くのはNGです。

どうしてもハイヒールが好きな人は歩きやすいものを選び、履いた次の日は脚を休ませるようにして、外に出るときはクッション性の良いスニーカーを穿くようにしましょう。

まとめ

日常生活で基礎代謝を上げて、カロリーを消費しやすく痩せやすいカラダにする為の方法を7つ紹介しましたが、生活習慣にすることで苦にならずにダイエットができるというメリットがあります。

普段から意識を高くしておくと、それだけでダイエット効果も上がりますし、どんどん綺麗になっていくはずです。

特に時間がない人や、これまでダイエットが続いたことがない人は、効果が現れるのも早いと思うので、紹介した内容の1つずつでも試してみてください。