share

寝るだけで痩せる?アメリカ発!オーバーナイトダイエットとは


寝ているだけで痩せたらいいのに・・というのは痩せたいと思ったことがある人なら誰でも考えたことがあると思います。

そんな人々の夢を叶えるかのように、アメリカで大人気のダイエットが「オーバーナイトダイエット」といわれるダイエット方法で、無理な運動や過度な食事制限の必要がなく実践できることから、非常に注目を浴びています。

そんな夢のようなダイエットであるオーバーナイトダイエットとはどういったものなのか、実践する場合のやり方や効果を紹介しておきます。

オーバーナイトダイエットとは

Caroline Apovian

オーバーナイトダイエットはアメリカでは有名な「ボストン・メディカル・センター」の栄養・体重管理の責任者であるキャロライン・アポヴァイン医師が提案したダイエット方法で、彼女の指導のもとでダイエット開始1週間で多くの人が4キロ近くの減量に成功したそうです。

彼女はこれまで多くの人の栄養管理をしてきただけでなく、栄養学の本を出していたりもしているので、アメリカで注目され実践する人が増えたようです。

オーバーナイトダイエットのやり方

寝ているだけで、そんなに痩せるのであれば誰だってしたいと思うのが当然ですから、アメリカだけでなく、日本でもどんどん取り入れる人が増えそうです。

そんなオーバーナイトダイエットのやりかたを紹介しておきますが、このダイエット方法の簡単なところは守るべきルールが2つしかないところで、それもアメリカ人にとって実践しやすく流行った理由なのかもしれません。

週に1日だけ3食スムージーにする

スムージー

オーバーナイトダイエットにおいて1番軸となるルールは1週間を1サイクルとして、そのうちの1日を「3食全ての食事をスムージーにする」ことです。

他の日も栄養のバランスを考えつつ水をたくさん飲み、魚や肉、乳製品や大豆製品などのタンパク質を中心にして暴飲暴食してはいけませんが、コーヒーなどもOKなので普通のダイエットほどのストレスは感じないでしょう。

スムージーに関しては以下の3つのルールが設けてあるのでそれだけ守る必要があります。

  • 野菜を3種類入れ、フルーツは2種類まで
  • プロテインか無脂肪のギリシャヨーグルトを入れる
  • スキムミルク・ココナッツウォーター・ココナッツミルク・無糖のフルーツジュースのいずれかを加える

以上の点だけ守れば、シロップやフレーバーなどを小さじ1杯程度を2種類まで入れても大丈夫です。

1日8時間の睡眠をとる

寝ている外人女性

オーバーナイトダイエットを実践する上でもう1つのルールが「睡眠時間を8時間とる」ということで、この睡眠が痩せるためには非常に必要なことになります。

ダイエットの基本は「休養・運動・食事」ですから、睡眠時間をたっぷりとることは痩せる上では欠かせない1つだといえます。

寝ているだけで痩せる理由

オーバーナイトダイエットの目的は「デトックスと基礎代謝アップ」といえますが、よく分からない人の為に説明をしておきます。

  • タンパク質を多く摂る=カロリーが減っても筋肉をなるべく減らさず代謝を落とさないようにする
  • 睡眠時間=基礎代謝を高める為のホルモンの分泌を促す
  • 野菜摂取・睡眠時間=デトックス効果

これらがオーバーナイトダイエットをすることで体の中で起こる変化で、この効果によって1週間で-4キロのダイエットに成功した人が沢山いるわけです。

オーバーナイトダイエットをおすすめしない理由

おすすめしません

オーバーナイトダイエットについては大体把握できたと思いますが、私は個人的にこのダイエット方法をおすすめしません。

その理由は「アメリカ人には合うが日本人には合わない」という理由が1番なのですが、説明しないと分からない人も多いと思うので、その理由の意味を紹介しておきます。

睡眠時間が取れない

日本人(社会人)で1日8時間の睡眠時間を毎日とるというのは、よほど仕事が早く終わる人か家ではほとんど寝ているというような人でないと難しいかと思います。

病気や怪我で入院などしていれば別でしょうが、入院中は筋肉を使わないので極端に筋肉量が減り、オーバーナイトダイエットの目的のひとつである、なるべく筋肉を減らさずというのは困難になります。

胃腸への負担

適度なら問題ありませんが、過度なタンパク質の摂取は胃腸に負担がかかりますから、胃腸が強く肉食中心の欧米人であれば問題ないかもしれませんが、日本人には向いていません。

筋肉の発達や維持には大切なタンパク質ですが、過剰摂取は女性にとって肌あれやニキビの原因となります。

焼肉を食べたの次の日に、口の周りやおでこに吹き出物ができるといった人は胃腸が弱い可能性があるので気をつけましょう。

普通の日本人であれば-4キロは難しい

私がオーバーナイトダイエットをすすめない1番の理由が、普通の日本人の体型であればこの方法で「一週間に-4キロのダイエットは難しい」と考えるからです。

確かにある程度のデトックス効果やカロリー減はあるでしょうが、4キロの脂肪(約29000カロリー)が一週間で消費されるとは考えにくく、せいぜい水分1キロ・排泄物200グラム・脂肪200グラム・減った筋肉100グラムの合計1.5キロほどが現実的に下がる数字だと思います。

もちろん、カラダの大きな欧米人が肥満の為に入院して、この食事方法と睡眠をとったのあれば-4キロほどなら可能でしょうし、それに関しては全く違和感はありません。

まとめ

結果的にオーバーナイトダイエットを非難する形になりましたが、健康法としてはおすすめできますし、痩せる目的ではない人が実践する分には私も良いと思います。

しかし、他のサイトなどで言われているように「1週間で-4キロ」が実現できるかというと、私には信じがたいですし、カロリーや栄養のことを本当に知っている人が書いているのか?と疑問に感じずにはいられません。

もし試して順調に落ちた人がいれば、そういった人の意見も聞いてみたいと思いますし、私としても健康法として試してみる価値は充分にあると思っています。