share

熱(高温)に弱い酵素!酵素ドリンクは飲んでも効果ナシ?


「酵素ドリンクを飲むのは意味ない!」という人が絶対に言うのが「酵素は熱に弱いから加熱したらもう死滅してる」という理由からです。

私の周りにも実際にそういう人はいましたし、以前は私自身もそう思っていましたが、その意見は半分正解であり半分間違いです。

少し難しい話にはなりますが、どういった理由からそう言えるのか説明しておきますので、酵素ダイエットや酵素ドリンクが気になっている人は参考にしましょう。

酵素は熱に弱いってホント?

酵素

酵素は熱に弱いと言われていますが、一般的に酵素は48℃から崩れ始め、60℃や70℃くらいまでにはほとんどの酵素が動きを停止してしまいますから、熱に弱いというのは事実であり、高温による熱で失活する酵素はあるということになります。

酵素ドリンクは食品衛生法の分類で「清涼飲料水」と定められており、加熱処理が義務付けられていますから、酵素ドリンクが出荷されるときは過熱後になるので、こうした知識を持っている人が「酵素ドリンクなんてものは詐欺だ」と言うわけです。

他の食材や食品は酵素は?

酵素は熱が高熱になるほど活動を停止するならば、肉や痛めた野菜からは酵素がとれていないのではないか?ということになります。

答えから言うと、ほとんどの酵素は活動を停止していることになりますが、加熱処理をしているから、酵素を摂りいれても意味がないのか?というと、そうではありません。

酵素の働きは幅広く、酵素そのものを含む生野菜や果物から摂取するには難しいので、酵素ドリンクが健康で効率が良いと言われており、実際に人気ダイエット商品として売れているわけです。

酵素ドリンクの働き

酵素ドリンク

酵素ドリンクに生きている酵素が入っているかというと、高温に耐えられる酵素は生きているでしょうし、70℃以上でも動ける酵素は存在していますから、全ての酵素が活動していないわけではありません。

しかし、酵素ドリンクの一般的な働きは「消化」や「代謝」をサポートする役割であり、正式な名称も「酵素飲料」ではなく「補酵素飲料」となっています。

酵素は体内で起こる化学変化を触媒する物質であり、酵母は酵母菌と呼ばれる微生物になりますから、酵素は生きているか?死んでいるか?という議論は意味をなさないのです。

これは酵素が熱に弱いから飲んでも意味がないという論点そのものが間違っていることになりますし、酵素ではなく酵母菌は熱にも強く種類も多いので死滅しにくい酵母菌を選んだ原材料を入れている酵素ドリンクであれば十分に意味があります。

体内酵素のサポート役

酵素ドリンクは生きた酵素そのものを飲むわけではなく、発酵エキスと酵母菌を飲むことで体内酵素を増やすためのサポートをすることが目的で、飲んだことで酵素が増える仕組みを整えることと「消化」や「代謝」も高めます。

人間にはだ液、胃液、すい液などにたくさんの酵素が含まれていて、食べ物の消化を促進してくれますが、酵素を作る仕組みを整えると消化能力が上がり「体質改善」になりますから、デトックスや便秘を含む美容面に効果があります。

そして代謝は肌の再生や促進してくれたり、代謝が上昇することでカロリー消費が多くなり痩せやすいカラダになりますから、ダイエットでの体重減がスムーズになります。

まとめ

酵素ドリンクは多くの人は酵素を飲むことだと勘違いしているので、実際に商品が持っているポテンシャルを充分に発揮できない傾向にあります。

酵素ドリンクで痩せるか?というと確かに飲むだけで痩せるという魔法のようなことはありませんが、ダイエットの補助美容の補助としての役割は他の怪しいダイエット商品よりも遥かに信用できます。

そういったことを理解することで、ダイエットや体質改善による美容効果も期待ができますから、健康的に痩せるには非常に良い手段の1つだといえるでしょう。