share

人口甘味料は危険?カロリーゼロ・糖質ゼロに隠されたリスク


カロリーゼロ」や「糖質ゼロ」といった食品に使われていることが多い「人口甘味料」ですが、ほとんどの人が口の中に入れたことがあるはずですし、スーパーやコンビニなどで「カロリーが低いならこっちがいいや!」といった感じで、気軽に手に取っている人も多いでしょう。

しかし、人工甘味料の持つ様々なリスクや危険性などを知らないで食べていると、気付いた頃にはとんでもないことになっていたりしますから、その点では注意が必要です。

人工甘味料に関して最近の研究結果では、色々とデメリットが発表されていたりしますから、甘味料の種類や仕組み、身体に与える影響などをしっかりと理解しておきましょう。

「カロリーゼロ」「糖類ゼロ」って一体何?

カロリーゼロ・糖質ゼロ

カロリーゼロ」「ノンカロリー」と記載があるとカロリーがないものだと思ってしまいがちですが、基本的には「100ml当たりのカロリーが5キロカロリー未満」であれば「カロリーゼロ」と表記して良い決まりになっています。

同じく「糖類ゼロ」という表記も「100mlあたりの糖類が0.5グラム未満」であれば、「糖類ゼロ」と表示ができるようになっています。

しかし本当の問題はそこではなく、カロリーゼロの飲食品に含まれている人工甘味料には、いろんな副作用があるとの研究結果がどんどん発表されてきていますから、せめて甘味料の違いやリスクは知っておく必要があります。

甘味料の種類

人工甘味料

甘味料は大きく分かると天然と人工に分けられており、「天然甘味料」を代表するのが「はちみつ・砂糖・メープルシロップ」などになっていますが、好きな人が多い反面、カロリーが高いので食べ過ぎに注意している人も多いでしょう。

人口甘味料には2種類あり、ひとつは天然に存在する甘みを人工的に抽出したもので、「キシリトール・ステビア・ラカンカ」などがよく使用されています。

そして、1番問題とされているのが「合成甘味料」で、天然には存在しない甘さを人工的に合成して作りだした「スクラロース・アスパルテーム」といったものが合成甘味料に該当しています。

人工甘味料の甘さは砂糖の何倍?

現在、飲食物に含まれている代表的な人工甘味料の甘さを砂糖基準で比較したときの数値は以下の通りです。

人工甘味料 甘さ(砂糖1として)
アステルパーム 160~220倍
スクラロース 600倍
ネオテーム 7,000~13,000倍
サッカリン 200~700倍
アセスルファムカリウム 200倍

合成甘味料を入れた飲食物がどんどん増えていますが、太りたくないと思っている人が多いのと、製造側としても天然に存在しない甘味料のほうが値段が安いということもあり需要と供給が成り立っている状態です。

砂糖と同じ量でこれだけの甘みが得られるとなると、やはり得な気がしますし、同じ分のカロリーを摂るならと思ってしまう心理も確かに頷けますが、数字だけ見ると決して健康的ではないことも想像できると思います。

カロリーゼロを摂りすぎは危険

カロリーゼロのものが問題とされているのは、人工甘味料自体が太るのではなく、飲食物に含まれる人工甘味料による副作用が肥満のもととなり、色んな影響を身体に与えるということです。

健康志向の強い海外を中心に色んな研究機関が人工甘味料の問題を取り上げており、特に言われているのが以下の通りです。

  • 甘み中毒になる
  • Ⅱ型糖尿病のリスクが高まる
  • メタボリック症候群
  • ホルモンへの悪影響
  • 味覚異常になる

これらの問題は大体どこの機関でも言われていることで、こういった研究が発表されることで人工甘味料そのものが危険視されることになってきました。

人工甘味料が及ぼす身体への影響

医師jからのストップ

人工甘味で中毒になったり糖尿になったりと、カロリーがないのになぜ?と思う人も多いでしょうから、どういった経緯でそんな症状が出てしまうのか説明しておきます。

血糖値が上昇する

もともと人工甘味料は消化・吸収されないので血糖値を上昇させることもないと思われていまいたが、研究によって人工甘味料であっても血糖値を上昇させ、インスリンを分泌させるという報告が出ています。

血糖値の激しい上下は食欲を増進させる作用や、もっと甘みを欲してしまったりしますし、糖尿患者にとっては非常に危険なことなので、砂糖じゃないからいいや!というのは通用しなくなりました。

インスリンは別名:肥満ホルモンとも言われていて、インスリンの分泌が増えると脂肪を溜め込みやすい身体になるので気をつけておく必要があります。

欝症状や倦怠感の原因

人工甘味料によって血糖値が上がると、今度は急激に下げるようにするのが人間の身体の仕組みなのですが、急激な血糖値低下は眠気倦怠感が起こります。

こういった症状が激しい人は、鬱の人や更年期障害の可能性や過食・拒食症になったりする可能性が高いので非常に危険です。

他にも最近の発表では代謝に関わる腸内細菌のバランスを崩して血糖値が下がりにくい状態にする作用があるとする報告もあがり、症状が酷いと失明まであり得ると言われています。

舌の味覚が鈍る

人工甘味料はカロリーゼロだからといって安心して摂取してしまうと、その強烈な甘さになれてしまい天然の甘さに物足りなさを感じなくなってしまいます。

人工甘味料中毒になっていない人は、カロリーゼロ食品を食べたり飲んだりしたときに舌に違和感があるのですが、慣れすぎている人はこの感覚がなくなり味を感知する機能がどんどん低下していくので気をつけておきましょう。

コカイン以上の依存症がある

人工甘味料の甘さが、脳内報酬系やドーパミンなどの神経伝達物質に影響を与えて、依存症や中毒に導くことも分かり、麻薬やアルコール以上に依存症を引き起こすと言われはじめています。

海外の大学の研究者達の発表ではうつ症状血管系疾患腎機能や脳卒中心筋梗塞のリスクも増えると言われているので、少しならといって人工甘味料を摂取していると知らないうちにかなり依存度が上昇してしまっている恐れもありますから気をつけましょう。

まとめ

カロリーゼロだからといって人工甘味料ばかり摂取していると身体にとって悪いばかりでなく、それによって色んな病気を引き起こしかねません。

しかし、現代の食生活において自ら人工甘味料に注意しておいても、コーヒーの微糖やガム、アメに至るまで甘味料が使用されているので、全く断つというのは中々難しい部分もあるでしょう。

できるだけ摂取しないようにすることも大事ですが、まずは上手に付き合っていくようにしなければならないでしょう。